ネットでの彼女の作る人が2割弱に

ネットで彼女、彼氏を作る人が急上昇中!!

出会いは量産できる

 

数年前までは、友人の紹介や学校の女性、同じ職場などが、交際の大きなキッカケでした。

 

なので、

 

・友達が少ない人
・職場に女性が少ない

などの理由があると彼女を作るのが難しかったのです!!

 

ですが、安心して下さい!
最近では、ネットで知り合ったカップルが増加してきています。

 

つまり、

 

・ぼっちな人
・高校デビューor大学デビューに失敗した人
・職場に女性がいない人

 

など、恋愛したくても出来なかった環境の男性も、

 

彼女が作りやすい環境が出来ています!

 

ネットがキッカケで交際するのは認められつつある!

このサイト見ている人の中には、ネットでの交際に抵抗を感じている人も居るかもしれませんが、最近ではネットでの交際は認められつつあります。
アメリカでは、既にネット交際は当たり前になっていますし、数年後の日本でも同じような現象となるでしょう。
正直ネットの交際が最も効率が良いですし、多くの女性と出会う事が出来ます。

 

この流行りは10代には強く浸透しています。
高校生の35%はネットを通じて彼女を作っています。
食わず嫌いをしている男性は1度試して見る事をオススメします。

 

20〜40代未満の恋人がいる人

画像で分かる通り、2013年では、13,8%の人がネットがキッカケで交際をスタートしています。

 

なぜネットの交際が普及しているのか?

ネットの強みは色々あります。
最近ではSNSの普及により、ネットでのコミュケーションが日常となっています。

 

その日常の上で、恋愛に発展する事はなんらおかしい事ではありません。
今では14%程度ですが、この数字はどんどん増加される事が予想されます。
実際、「同じ学校で付き合う」が11.6%に対して、ネット交際は13,8%なので、追い抜いた結果となります。

 

ネットでは多くの女性と知り合う事が可能となる

さきほどの表によると付き合うキッカケは、

 

1位が職場関係
2位が友人関係
3位がサークルや習い事

 

となっています。

 

しかし、この3つとも出会える女性の人数が限られています。
職場関係ですが、どんな大手企業に勤めていても接点がなければ全員の女性と知り合う事は出来ません。
交流関係と言えば、同じ課の女性が中心となる事でしょう。

 

2位の友人関係、3位のサークにしても、同じ事がいえます。

 

仲の良い女性の中から恋愛に発展した形となります。

 

1位〜3位のやり方では、知り合える人数は1000人も居ないでしょう。

 

しかし、ネットは違います。
ネットは、日本に留まらず海外の女性も交際の視野に入れる事が可能です。

 

そういった女性を視野にいれると、何億万、何千万という女性と知り合えるチャンスがあります。

 

ネットのごく一部である、出会いサイトだけでも、数百万人の女性が登録しています。
つまり、通常の出会い方ですと限られた女性の範囲で恋愛がスタートするのに対して、ネットでは多くの女性の中から自分と本当に相性の良い女性探す事が可能となるのです。

 

婚活の主流も変更されつつある??

結婚をしたい女性は結婚相談所にいきますが、値段が高価であったり、良い男性と出会えないケースも多いものです。
そんな婚活サービス業者も最近ではネットに力を入れており、リーズナブルな展開を試みています。
ネットでの交際は当たり前になる時期はそう遠い未来ではないでしょう。

 

前⇒ネット交際や出会い系は中身で勝負できる
次⇒ネットで知り合ってコミケッコン