彼氏、彼女の作り方は異なる

男性も女性も恋人が欲しいって言うけれども

 

恋人が欲しいのは、男の子も女の子も一緒です。
女子会なんかの話を訊くと、8割は恋話で盛り上がるそうです。
ですが、男と女って、「同じ恋人居ない」にしても定義が異なると思うんですよね。

 

こんな言い回しをした人が居ます。

 

女の子が嘆く「彼氏出来ない」 は、 自販機の前でどれにするか 悩んでることと同じ。
男の子が嘆く「彼女出来ない」 は 砂漠でオアシスが 見つからない状況。

 

これは、まさに上手な言い回しだと思うんですよ。

 

男性と女性の恋人の作り方は異なる!

男の彼女が出来ないって、右も左も暗闇しかなく、どこに進めば、彼女が出来るのか分からないのです。
一方、女性の人って言うのは、複数の男性を選ぶ権利がありながら、それを放棄又は悩んでいる状態。

 

女の子の場合、可愛い子は男性が猛アタックしてきます。
多少ブスでも積極的にアプローチすれば、男性はその子を見離すことはしないでしょう。

 

しかし、男性の場合「イケメン」が必ずしもモテるとは限らない。(消極的だと特に)
また、不細工の場合は女性の何倍も努力しなければならない。

 

男性は女の子に気に入れれようと必死なんですよね。
(合コンで1時間早く打ちあわせして盛り上げるためにミーティングするのも男性側ですよね)

 

恋愛は女性の方が有利に働くですよ!

 

出会い系の登録にしても、女の子は完全無料に対して、男は有料。
しかも、比率は、男性:女性=7:3というありえない構成になっている出会い系もあります。
女の子は、利用が無料にも関わらず、恋愛サービスを拒むのです。

 

拒むにもかかわらず、「彼氏できないよね♪」って話しています。

 

彼女を作るには努力は必要!

男性は、出会い系を利用しても、出会う努力をしても出会えないって人も居ますが、
女性の場合、他力本願で、白馬の王子様が現れないだけで、出来ないと言います。

 

恋愛において、男性と女性は絶望的な差があるのです。

 

男性は失恋すると大きく落ち込みますが、女性はすぐ次の男に切り替えられます。
恋の自殺率は圧倒的に男性の方が高いのです。
それが、今の恋愛のシステムです。
この法則をとやかくすることはできません。

 

問題なのは、そんな恋愛社会を勝ち抜く方法です。

 

男性は多くの男性がオアシスを探すのに必死ですが、オアシスを効率よく探す方法は存在します。
方法なんてものはいくらでもあるとは思いますが、私が推奨するのはネットです。

 

ネットで彼女探すことは、あなたが、無職でも、友達0でも対人恐怖症でも誰でも可能です。(全て過去の私です笑)
また、失敗しても私生活に影響することなく、新しい恋活を再開させる事も可能です。
リスクは限りなく少なく尚且つ、恋人が出来やすい素晴らしいシステムです。

 

ネットで彼女を作る事に抵抗がないのであれば、いますぐ挑戦してください。
きっと、砂漠だらけだった世の中だった現在よりも、多くのオアシスが見つかる事でしょう。

 

前⇒モンハンで一緒に狩に行ける彼女を探す
次⇒オンラインゲーム上で恋愛を楽しむ